肌を美白したいならトレチノイン

肌を美白したいと思っている女性は多いですよね。特に肌のシミなどが気になる年齢の30代以上の方はどうしたらいいのかと悩みますね。美容外科でシミ消しするにも料金が高いですし、しかしトレチノインを使えば安くシミ消しができるのでお勧めですよ。

なぜ美白にトレチノインはいいのか

色素沈着や黒ずみを改善する薬として、「トレチノイン」という薬が使用される事があります。トレチノインは、レチノール誘導体の一つで、ビタミンAの約50~100倍の効果があるといわれています。トレチノインが美白に効果的な理由は、ターンオーバーを活性化させるという作用があるからです。色素沈着や黒ずみの原因であるメラニン色素は、表皮の一番奥にある基底層にできる事が多く、なかなか外へ排出できずに残ってしまいます。トレチノインは、表皮の細胞活動を活発にし、ターンオーバーを促します。すると、メラニン色素のある細胞が肌の外側へ押し出され、最終的には古い角質と共に外へ排出されます。このようにトレチノインには、すでにできてしまったメラニン色素を取り除く効果があるため、美白効果があるといわれているのです。さらに効果的に美白をするために、「ハイドロキノン」と併せて使用する事があります。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑える効果があります。同時に使えば、メラニンに対する予防と改善が同時にできるため、より美白効果が高まります。トレチノインを使用する際に注意したいのは、使い始めの頃は肌荒れや炎症が起きてしまうという事です。薬の効果が高いため、慣れない内はこのような症状が現れますが、次第に慣れて、治まっていきます。ただ、あまりにも炎症がひどい時は、刺激によって逆にメラニンを生成しやすくなってしまいます。医師の指導のもと、使用する回数を減らしたり、日にちを開けたりしましょう。また、トレチノインを使用していると、紫外線に対して肌が弱くなっているため、メラニンを通常よりも生成しやすくなります。出かける時には、日焼け止めを使用するのを忘れないようにしましょう。

トレチノインに効果がある肌のシミ

しわやニキビの治療医薬品としてトレチノインがありますが、トレチノインはシミの治療に関しても高い効果を発揮することが知られています。ヒトの表皮の細胞は表皮の一番深い部分で生まれ、その後、徐々に表面に押し上げられて角質となり、最後には垢となって皮膚からはがれていきますが、このサイクルは皮膚のターンオーバーと呼ばれ、一般的には約4週間かかることが知られています。ほとんどのシミは、表皮の一番深い部分にメラニン色素が沈着しており、この部分にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させる働きを持つために、その結果、表皮の細胞はどんどん押上られる形となり、その時にメラニン色素も一緒に上がってくることになります。そして、約2~4週間でメラニン色素を外に出していきます。トレチノインの治療ではハイドロキノンが併用されますが、この医薬品は強い漂泊作用を持ち、そのためにメラノサイトに新しいメラニンを作らせない効果があります。そして、最終的には表皮はメラニン色素の少ない、きれいな皮膚に置き換えられることになります。トレチノインの治療対象として代表となる症状としては、まず、ほくろがあります。次に生まれつき存在する色素性母斑、ほほや額、エラ部分の左右対称に広がる肝斑、そばかす、扁平母斑などがあり、他にも、加齢にしたがって症状が現れてくる老人性色素斑や老人性ゆうぜい、傷や火傷、ニキビなどの炎症の後にできす色素沈着、そして、20歳頃から両頬やコメカミなどの現れる後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれる症状があります。トレチノインは顔だけでなく、手のシミにも効果を発揮しますが、この場合には顔に比べて難しいことが多く、その理由としては、家事などで薬が取れやすくなることや薬剤に対しての反応が弱いこと、また、皮膚の再生が遅いことがあり治療には配慮が必要となります。

トレチノインで美白になる期間

美白化粧品で消えないシミを無理やり、コンシーラーやファンデーションでカバーしている女性は、少なくありません。できるだけ目立たないようにシミをメイクで隠しても、その部分だけが厚化粧になってしまい、余計に目立ってしまうでしょう。美白化粧品で解消できないシミは、美容皮膚科など美容系クリニックでの治療を活用して消す事が可能です。美容系クリニックではレーザーなど、様々なシミ治療が行われていますが、1番手軽な方法と言われているのが「トレチノインクリーム」でのケアです。お手持ちの化粧品に、レチノールという成分が配合されている方も、多いのではないでしょうか。レチノールは美白化粧品に多く含まれる成分で、ビタミンAの1種です。トレチノインはビタミンA誘導体の1つで、何とレチノールよりも約100倍の効果があると言われている程、作用の高い成分と言われています。シミは細胞にメラニンが沈着する事で起こります。肌の1番奥にある「基底層」という部分の細胞に、メラニンが沈着してしまうと、なかなかシミは解消されません。トレチノインは優れた浸透力があり、基底層部分にまで作用します。そして肌のターンオーバーを高め、素早くメラニンが沈着した細胞を、垢として排出するのです。紫外線を浴びた事でできたシミ、そばかすや炎症を起こしてできた色素沈着に、トレチノインは高い効果を発揮します。また、肝斑も少し時間はかかりますが、解消が可能です。クリームを塗るだけで美白効果が現れるので、手軽な治療法と言えるでしょう。どのくらいで美白効果が現れるのかというと、シミができている深さや濃さ、また肌質などによって変わります。平均すると約2ヵ月程度で、美白効果を感じるケースが多いようです。

■シミを除去した後は…
ほくろ除去の費用について
■肌へのダメージが少ない脱毛
レーザー脱毛
■シミや脱毛を行ったらトレチノインで美白を手に入れる!
トレチノインで綺麗を手に入れよう